上水道

消費税引上げに伴う上下水道料金等及び水道利用加入金の改定

消費税法等の改正により、平成26年4月1日から消費税率が5%から8%に引き上げられることと
なりました。
つきましては、新しい上下水道料金等及び水道利用加入金は次のとおりとなりますので、皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

◆改定時期

1 上下水道料金
○ 平成26年4月1日より前から継続して上下水道をご使用されている場合
  平成26年6月分料金(5月検針分)から、新税率(8%)が適用されます。

○ 平成26年4月1日以降に上下水道のご使用を開始された場合
  平成26年5月料金(4月検針分)から、新税率(8%)が適用されます。

2 水道利用加入金
  平成26年4月1日以後の申込みに係る水道利用加入金から、新税率(8%)を適用します。

◆ 改定後の各料金について

【料金の算出方法について】
  水道料金   = (基本料金+超過料金+メーター使用料)×1.08(消費税率)
  下水道使用料 = (基本料金+従量料金)×1.08(消費税率)
  上下水道料金 = 水道料金+下水道使用料

◎水道料金表(簡易水道料金も同額)
(1か月につき)
種 別 基本料金 超 過 料 金
基本水量 基本料金
一般家庭用 8㎥まで 1,480円 1㎥につき 185円
業務用 10㎥まで 1,850円 11㎥~300㎥まで
1㎥につき
185円
301㎥~500㎥まで
1㎥につき
175円
501㎥~2,000㎥まで
1㎥につき
155円
2,001㎥~4,000㎥まで
1㎥につき
120円
4,001㎥以上 1㎥につき 90円
業務用2種 500㎥まで 92,000円 501㎥~2,000㎥まで
1㎥につき
155円
2,001㎥~4,000㎥まで
1㎥につき
120円
4,001㎥以上 1㎥につき 90円
浴場営業用 100㎥まで 14,190円 1㎥につき 140円
臨時用 10㎥まで 4,400円 1㎥につき 260円

備考

  1. 浴場営業用とは、公衆浴場入浴料金の統制額の指定等に関する省令(昭和32年厚生省令第38号)に基づき入浴料金価格について統制を受けるものをいう。
  2. 業務用2種とは、ホテル及び旅館業で収容人員が500人を超えるものをいう。

◎メーター使用料
口径 13mm 20mm 25mm 40mm 50mm 75mm
1か月の使用料 200円 250円 320円 670円 2,040円 2,340円
◎下水道使用料

1. 一般汚水-虻田処理区・洞爺処理区 

(1か月につき)
用 途 基本料金 従 量 料 金
基本水量 基本料金
一般家庭用 8㎥まで 1,150円 1㎥につき  155円
業務用 10㎥まで 1,600円 11㎥~300㎥まで
1㎥につき
160円
301㎥~500㎥まで
1㎥につき
155円
501㎥~2,000㎥まで
1㎥につき
140円
2,001㎥~4,000㎥まで
1㎥につき
130円
4,001㎥以上 1㎥につき 120円
業務用2種 500㎥まで 86,200円 501㎥~4,000㎥まで
1㎥につき
140円
4,001㎥以上 1㎥につき 120円
浴場営業用 150㎥まで 1,700円 1㎥につき 11円

2. 温泉汚水-虻田処理区

(1か月につき)
用 途 基本料金 従 量 料 金
基本水量 基本料金
一般家庭用 10㎥まで 1,500円 1㎥につき 31円
業務用 1,000㎥まで 17,300円 1,001㎥~2,000㎥まで
1㎥につき
13円
2,001㎥~3,000㎥まで
1㎥につき
11円
3,001㎥~5,000㎥まで
1㎥につき
8円
5,001㎥以上 1㎥につき 6円
業務用2種 9,000㎥まで 103,500円 9,001㎥~12,000㎥まで
1㎥につき
8円
12,001㎥以上 1㎥につき 6円

備考

  1. 浴場営業用とは、公衆浴場入浴料金の統制額の指定等に関する省令(昭和32年厚生省令第38号)に基づき入浴料金価格について統制を受けるものをいう。
  2. 業務用2種とは、ホテル及び旅館業で収容人員が500人を超えるものをいう。

◎水道利用加入金
メーター口径 加入金の額
 13ミリメートル 35,000円
 20ミリメートル 96,000円
 25ミリメートル 162,000円
 40ミリメートル 502,000円
 50ミリメートル 863,000円
 75ミリメートル 2,332,000円
 75ミリメートルを超えるものについては管理者が別に定める。