戸籍・住民票・証明

住民基本台帳カード

☆☆ お知らせ ☆☆

 平成28年1月からマイナンバー制度に基づく個人番号カードの交付が開始されることに伴い、住民基本台帳カードの交付は平成27年12月をもって終了しました。
 なお、個人番号カードの交付が開始されても、平成27年12月以前に交付された住民基本台帳カードは有効期間満了まで引き続きご利用いただけます。
 ただし、個人番号カードと住民基本台帳カードは同時に所有することができないため、住民基本台帳カードをお持ちの方は、個人番号カードの交付を受ける際に、住民基本台帳カードを返納する必要があります。
 また、住民基本台帳カードへの電子証明書の登録・更新は、平成27年12月22日で終了しました。
 今後、電子証明書を取得する場合はマイナンバーカードを申請していただく必要があります。

転入転出手続きの特例

 住基カードをお持ちの方は、郵送等で転出届を提出すると(窓口でも受付しています。)転出証明書
がなくても転入の手続きができます。
 当町での特例による転入届出窓口は、下記住基カード申請受付場所と同じです。

手続き方法についてはこちらをご覧ください。
 ・郵送での転出証明書の請求方法について *内部サイトリンクあり

【留意事項】

・転入届の際には、必ず住基カードをお持ち下さい。
 カードの暗証番号を入力していただきます。
・転入届は引越し予定日から14日以内に届出してください。
 引越し予定日から30日過ぎると、転入届の特例を受けられなくなります。
 (この場合、転出証明書を請求していただくことになります。)

< 住民基本台帳カードとは・・・ >
  略して「住基カード」といい、高度なセキュリティ機能を持つICカードです。
 「写真付き住基カード」と「写真なし住基カード」の2つがあり希望するカードを選択できます。
  交付する時に数字4桁の暗証番号を設定することで、他人による不正な使用を防止します。
○ 利便性
 ☆写真付きのカード(Bタイプ)は、運転免許証などと同じように公的な身分証明書として利用する
  ことができます。
 (例 金融機関での新規口座開設やパスポートの発給申請時の本人確認に利用可能)
 ☆住民票の広域交付・転入転出手続きの特例・公的個人認証(電子証明書)の手続きに利用
  できます。
○ カードの種類(カードの表面に記載される事項別にタイプが2種類)
  Aタイプ → 氏名のみ表示
  Bタイプ → 写真・氏名・生年月日・性別・住所を表示
○ 有効期間
  発行日(カードを作成した日)から10年間
  ※ 町内転居の場合はカードに住所を裏書します。