パブリックコメント(町民の声)

指定管理者制度結果2

一般的な意見に対する回答について

2 洞爺いこいの家

<< 意  見 >>
 
 いこいの家は洞爺村の歴史のある温泉ではありますが、オフシーズンはここ数年、客足は減少していると思われます。

 現状では人件費もでないのではないかと思われます。そこに管理者を導入しても候補者が現れないのではと思いますし、また現れたとしても採算が取れず経費の捻出が先詰まり破綻と云う状況が目に見えているように思います。

 町が採算ラインの資金を補填するのであれば、事業主はいると思いますが、但し導入し候補者に補填するのであれば現在掛かっている経費よりは低くなるとは思いますが、また地方の温泉ブームが来る事を祈っていこいの家の予算を町が組み込んで行くより方法が無いのではないでしょうか。

 営業努力といかなる企画をもってしても採算ラインに乗せる事は難しいと思います。

 << 回  答 >>

 洞爺湖町洞爺いこいの家につきましては、ご指摘のとおり入館者は年々減少傾向にあります。それは、1つにいこいの家の老朽化に起因しており、近年、近隣町村に同様の日帰り温泉入浴施設のオープンもあり、当館の集客は減少したことが考えられます。

 また、平成18年の町村合併後、町で発行している入浴回数券で町内の多くの温泉施設で入浴ができるようになり、洞爺地区では洞爺いこいの家のみの利用に限られておりましたが、虻田地区施設への入浴が可能となったことも集客数減少の要因の1つと考えられます。

 ご提言を頂いているいこいの家の採算につきましては、ここ数年の収支を勘案し、指定管理者による運営時の収支を推計すると、ほぼ拮抗することが予想され、指定管理者による民間活力の注入により、町からの補填金がなくとも運営が可能ではないかと考えております。

 洞爺いこいの家は、道内でも珍しい源泉100%のかけ流しの温泉であり、また、浴室内からの洞爺湖を望む眺望には大変定評があり、札幌圏からの根強いファンも多く、今後も、広報活動に力を入れ、集客の向上に向けた戦略の検討を重ねて参ります。

3 道の駅あぷた、とれた

<< 意  見 >>

 近江商人の商法に三方よしとあります。「売り手良し、買い手良し、そして世間よし」と、洞爺湖町の地場産品直売センターに指定管理者を導入した場合はたして現在の売り上げで生産者、流通者、店舗と利益を得ることができるのでしょうか。単価は低く年間の半分はほとんど売り上げが見込めません。

 現状の売り上げや流通システムは分かりませんが、店舗の規模や商品構成を見ましても採算がとれるとは到底考えられません。つまり売り手の利益が減り、流通者の仕事のわりには儲からず、商品が集まらず、他の地域の道の駅との競争力が無くなり評判が落ちていく可能性が出てきます。

 もし、管理人を置くとするならば、商品を供給する農家や事業者の皆さんでNPO法人を立ち上げて供給する人達の店として販売戦略を店舗側と相談しながら決めていく事が望ましいと思います。「来られた方々に新鮮で安価な地元の商品を」が道の駅のテーマと思われますので。

 もう一つは、現在の委託販売システムではなく管理者が生産者を回り、集荷し店舗に飾り販売すると、もちろん買取りで、普通の流通システムにすると云うことですが、生産者の手間隙が無くなる、小口でも出荷が可能、出荷した商品が全て売り上げになる、但し価格は現在より低くなりますが、このシステムであれば管理者は大変ですがやればやるほど利益が付いてきますので、採算がとれるような気がします。しかし、生産者の顔をアピールする事は難しくなりますが。

 あぷたもとれたも道の駅にあり、北海道のアクセスの通過点にあり立地条件は最高であり、商品構成や広告いかんでは十二分に売り上げを確保すうことは可能ではと思います。管理者の候補者は多く出てくるとは思いますが、洞爺湖町の顔の部分である道の駅の中ですので、人選は細心の注意をするべきと思います。

<< 回  答 >>

 道の駅「あぷた」「とうや湖」の附帯施設として、地場産品直売センターを設置しておりますが、運営方法につきましては、各直売センターごとに農業者、漁業者、加工業者の出品者や町内経済団体等で構成する企業組合を設立し、法人格で運営を行っています。

1.出品対象者について
地場産品直売センターへの出品者につきましては、洞爺湖町内の農業者、漁業者、農協、加工品製造業者と限定しています。

2.取扱商品について
地場産品直売センターで取り扱う販売品は、町内で生産、製造している農産物(山菜含む。)水産物及び加工品などの地場産品としており、仕入れたり当町以外で製造したものは取り扱わないことを原則としています。

3.販売方法について
販売方法は、生産者名、写真を掲示し、運営法人による委託販売とし、自らが開店前に出品物の陳列、補充を行います。販売の主力となる農産物は、利用者が求める安全・安心そして新鮮さを売りとするため、朝もぎとし売れ残りは当日回収としています。

4.委託販売手数料、売上代金の支払いについて
運営法人に対し売り上げ金額に応じた一定の手数料を支払い、売上代金から手数料を差し引き、翌月初めに出品者に支払われております。

 以上のような方式により地場産品直売センターの運営がなされており、安全・安心そして新鮮さをアピールし、毎年順調に売上を伸ばしており出品者の経営安定の一助になっているものと確信しています。

 なお、「あぷた」につきましては、昨年度から補助金なしの自主運営を行っており、現在オープンから4年目を迎え、採算ベースに乗りまして順調に経営されております。

 また、「とれた」につきましては、本年4月にオープンし洞爺地区の豊富な新鮮野菜を中心に当初予定の売上を順調に達成しており、今後も利用者の期待に応えられる新鮮で安価な商品を提供出来るよう努力し、固定客及び観光客から喜ばれる施設として努力して参ります。