プレジャーボート係留施設

プレジャーボート係留施設利用案内

漁港は、本来漁業活動の拠点として漁船を収容する目的で整備されたのですが、漁業生産活動に支障のない範囲でプレジャーボートの利用が可能です。
洞爺湖町では虻田漁港大磯分区に係留施設を設置しました。
係留施設を利用したい方は下記の空き状況を確認のうえ洞爺湖町産業振興課にお問い合わせください。

【プレジャーボート係留施設利用者の募集について】
 この度1隻の空きが出ましたので、係留施設利用者を募集いたします。
 今回は船長7m以下の船艇となります。
 利用者が定員を上回った場合は選考(優先順位)となります。
 なお、優先順位が同じ場合は抽選となります。
 詳しくは下記までお問い合せ下さい。

 □受付期間 平成30年4月11日~4月25日
 □利用期間 平成30年5月15日~平成31年3月31日
 □問い合わせ・受付場所 役場産業振興課水産・商工グループ
             (電話0142-74-3005)

名    称 虻田漁港大磯分区係留施設
係留可能隻数 40隻(船長の制限あり)
利用可能船舶 モーターボート・遊漁船
※水上オートバイ、手こぎボート、ゴムボート、カヌーは使用できません。
選考基準 空きが出た場合、随時募集しております。
定数を超える応募があった場合は、選考基準に基づいて選考を行い、利用者を決定しております。
【選考基準】
 
 洞爺湖町内在住(3ヶ月以上住所を有するもの)
 損害賠償保険加入
 遊漁船業者
 前歴加算
 地元遊漁団体への加入
利用料金(年間) 係留施設:町内在住者 船の長さ1メートル当たり6,800円
     町外在住者 船の長さ1メートル当たり8,100円

陸上施設:      船の長さ1メートル当たり1,200円
※1メートル未満の端数があるときは、1メートルとして計算します。
注意事項 噴火湾内では定置網やホタテ養殖施設の漁具が設置されていることから、いぶり噴火湾ルールを設けております。
ルール・マナーを守って快適な利用をお願いいたします。

【虻田漁港大磯分区係留施設使用申請について】
 係留の申請に係る添付書類
 1.虻田漁港大磯分区係留施設使用許可申請書(別記様式第1号)
 2.海技免許状(写し)
 3.船舶検査調書及び船舶検査手帳(写し)
 4.船舟全体写真(番号等が確認できること)(写し)
 5.損害賠償保険(写し)
 6.申請者が船舟使用について権利を有している証明(写し)該当者のみ
  (申請者と船舟所有者又は使用者が異なる場合)
 7.船体管理人選任届(申請者が洞爺湖町内に住所を有していない場合)該当者のみ