保健・医療

子宮頸がん予防ワクチン接種

子宮頸がん予防ワクチンにつきましては、平成25年4月1日から予防接種法に基づく予防接種(定期の予防接種)として実施しておりましたが、平成25年6月14日、厚生労働省から通知があり、副反応のリスクについて正確な情報提供ができるようになるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされ、積極的な勧奨を一時差し控えることになりました。

厚生労働省の発表では、子宮頸がんワクチンを接種した後に、体の痛みなどの症状を訴える方が他のワクチンに比べ多く、ワクチンとその症状の因果関係を詳しく調査し、症状との関係と発生頻度などをより明らかにすることが必要で、今後適切な情報提供ができるようにするための対応です。
洞爺湖町から接種対象の方への案内通知などにつきましては、当面の間、差し控えることとなりましたことをお知らせします。

尚、この予防接種が中止になるわけではありませんが、接種を希望される方は、その有効性と接種による副反応のリスクを十分にご理解いただいたうえで接種を受けてください。