お知らせ

国の「一時支援金」及び「道特別支援金」について

国の「一時支援金」について

北海道は緊急事態宣言地域外ですが、宣言地域内の飲食店と取引があり、飲食店時短営業の影響を受け売上が減少している事業者や、宣言地域における外出・移動の自粛により、直接的な影響を受け売上が減少している事業者などは、本支援金の対象となる可能性があります。

『一時支援金』は、2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に、「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」(一時支援金)を給付するものです。

【対象者】
 (1)緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること
  ※緊急事態宣言の再発令に伴い、緊急事態宣言の発令地域(以下「宣言地域」という。)の飲食店と直   
   接・間接の取引があること、又は、宣言地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影
   響を受けていること。
 (2)2019年比又は2020年比で2021年1月、2月又は3月の売上が50%以上減少していること

【給付額】
 ●中小法人等 上限60万円 ●個人事業者等 上限30万円
  給付額=2019年又は2020年の対象期間の合計売上-2021年の対象月の売上×3ヶ月
  ※対象月 対象期間(1月~3月)内に、2019年又は2020年の同月と比べて、緊急事態宣言の影響によ
   り事業収入が50%以上減少した月

【申請方法・申請期限】
 ●申請は、一時支援金事務局WEBサイトから行います。
  ※登録確認機関(洞爺湖町商工会など)による事前確認が必要
 ●申請期限 令和3年5月31日

【申請・問合せ等】
 詳細については、一時支援金WEBサイトをご覧頂くか、下記連絡先までご相談ください。
 一時支援金事務局
  電話 0120-211-240 IP電話専用回線 03-6629-0479 8:30-19:00(土日・祝日含む全日)

道特別支援金について

国の「一時支援金」が受給できないと判断される場合「道特別支援金」に申請できます。
※国の「一時支援金」と「道特別支援金」の両方を受給することはできませんのでご注意ください。

北海道では、昨年の秋以降の感染症の再拡大に伴い、営業時間短縮や往来・外出自粛の要請などの対策を講じてきており、時短にご協力をいただいた飲食店の取引先や外出・往来自粛等による影響を受けた方々など、全道の様々な事業者の皆様に経済的な影響が及んでいることから支援するものです。

【給付対象】
 (1)時短対象飲食店等との取引がある事業者又は外出・往来自粛要請等による影響を受けた事業者
 (2)2020年11月~2021年3月の期間のうち、いずれかの月で月間事業収入が前年又は前々年同月と比較し
  て50%以上減少した月があること ※比較した月を11月及び12月とした場合は前年同月のみ

【給付額】
 ●中小法人等 20万円 ●個人事業主等 10万円

【申請方法・申請期限】
 ●申請は、道特別支援金WEBサイトから行うか、郵送での申請となります。
 ●申請期限 令和3年8月31日

【申請・問合せ等】
 詳細については、道特別支援金WEBサイトをご覧頂くか、下記連絡先までご相談ください。
 道特別支援金コールセンター
 電話 011-351-4101 8:45-17:30(4/29までは土日祝日も受付、以後は平日のみ)