災害・防災

弾道ミサイル落下時の行動等について

ミサイル発射時

 北朝鮮は平成28年2月7日には「人工衛星」と称する弾道ミサイルを発射したほか、同年3月以降、予告することなく、弾道ミサイルの発射を繰り返しています。
 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する場合、弾道ミサイルは極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。
 仮に弾道ミサイルが発射された場合には、防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・ 緊急速報メールが配信されます。
 

  • 発射の情報が入った際には落ち着いて、直ちに行動してください。
  • 近くの頑丈な建物の屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけて情報収集してください。
  • 防災行政無線から「サイレン」と「ミサイル発射情報」が放送されます。
  • 携帯電話(docomo、softbank、au等)あてに緊急速報メールが配信されます。

ミサイル落下時

ミサイル落下時の行動は、下記URLを参照してください。(出典:国民保護ポータルサイト)
 

国民保護情報配信サービス(スマホアプリ)の活用について

 ご利用の携帯電話(スマートフォン)によっては、緊急速報メールを受信できない場合があります。
 下記を確認の上、未対応の場合には対策をしてください。